パレオエナジーー:もう一つのエネルギーの歴史 パレオとは、

「原始」を意味する。このプロジェクトでは失われた技術を復活させ、技術開発の能力を世に送り出すことを目的とする。忘れられた発明品とその土地固有の能力に再び焦点を当て、予期されることなく分散された社会的技術革新に挑む。 このリサーチは、包括的であることもとに、集団的知能とデジタル世界の参画能力を訴えることを目的にしている。

 


ご存じですか?

エネルギーに関する社会的あるいは技術的クリエーションや、時代に葬られたアイデアや解決策を生み出した発明家をご存じですか?

パレオ発明

その時代の発明を個々にまとめた時系列では、初期における発明に携わった重要人物と、それらの発明を復活させ、確かめた人物のセレクションを見ることができる。

パレオ発明を見つけたら、どのようにして投稿できますか?

「提案する」セクションにて、あなたが発見したパレオ発明やパレオ発明家を教えてください。

 

 

エネルギーの歴史は一直線でも進化論でもありません。 世間では認知されなかった素晴らしい発明がたくさんあり、それらは現在我々が直面している問題の解決策となるもので溢れています。 一例でいうと、

  • 電気車を公共使用が1974年オランダにて行われた。
  • 同じ頃、フランスのラ・ロシェルにて自転車の公共使用制度が存在していた。
  • アンジェのカトリック大学教授のジャン‐ルック・ペリエは、1979年に太陽光発電によって生み出された水蒸気だけを排出する水素自動車を設計した。
  • 最初の太陽熱エネルギー集信装置はアグスティン・ムショウ教授によりトゥール市にて設計され、1878年に世界博覧会にて披露された。

       

・鉄道のように、電車や飛行船が再び使用されるようになり、このようなリサーチによって失われたエネルギーの歴史を辿ることができる。